ポータブル電源の容量目安と失敗しない容量の選び方

ポータブル電源の容量目安と失敗しない容量の選び方
ポータブル電源の容量目安と失敗しない容量の選び方
Source:amazon.co.jp

今回はポータブル電源の容量目安と失敗しない容量の選び方についてご紹介します。使用用途や日数などに応じて適切な容量の目安をご紹介しますので是非ポータブル電源選びの参考にしてみてくださいね。

おすすめ関連記事
コスパ最強ポータブル電源のおすすめランキング9選!2021年最新版
最強クラス厳選!大容量ポータブル電源のおすすめランキング5選!2021年最新版

ポータブル電源の容量目安【用途別】

普段使い、キャンプ用、災害用など用途別でポータブル電源の容量目安をご紹介します。

一般的にポータブル電源の容量が大きくなるほど、使用時間や定格出力などが大きくなり幅広い電化製品に対応できるようになります。ただし価格帯も高くなる傾向がありますので、用途に合わせてポータブル電源の容量を選びましょう。

ポータブル電源の容量計算や使用時間計算に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。
ポータブル電源の使用時間計算と容量計算をわかりやすく解説!

250Wh以下:普段使いにおすすめの容量

日帰りキャンプや普段使いなら、250Wh以下の容量がおすすめです。スマートフォン(18W)であれば、約25回以上充電することが可能です。

車中泊や泊りなどの場合は、容量が物足りなく感じでしまいますが普段使いであれば、250Whで十分といえるでしょう。またこのクラスの容量であれば、重量も3kg程と女性でも持ち運びやすく、コンパクトサイズで収納場所も選びません。

350Wh~600Wh以下:キャンプや車中泊におすすめの容量

デイキャンプや車中泊用にポータブル電源を検討されている場合は、350Wh以上の容量がおすすめです。またシガーソケットでも充電できるポータブル電源であれば、車の移動中などでも充電することができるのでおすすめです。

ポータブル電源の主な充電方法や充電別メリットについては下記の記事でも解説しています。
ポータブル電源の充電方法まとめ!充電別メリットもご紹介!

700Wh以上:災害用や防災用におすすめの容量

災害用や防災用にポータブル電源を検討されている場合は、700Wh以上の容量がおすすめです。700Wh以上であれば、定格出力も高く幅広い電化製品に対応することができます。

1,500Wh以上の容量であれば、電子レンジ、ドライヤーなど消費電力が大きい電化製品も稼働させることができます。災害用、防災用に活用する際は、容量が大きく定格出力が大きいポータブル電源を選びましょう。

使用したい電化製品の消費電力が、ポータブル電源の定格出力を超える場合は、ポータブル電源で稼働することができません。購入前に手元にある電化製品の消費電力とポータブル電源の定格出力を確認しておきましょう。

容量別おすすめのポータブル電源

250Wh以下:ポータブル電源 240Wh / ジャクリ(Jackery)

  • 普段使いに最適なポータブル電源!
    ポータブル電源 240Wh / ジャクリ(Jackery)

    19,800円(税込)※相場(楽天参考)

    普段使いに最適な240Whのジャクリ(Jackery)ポータブル電源は、重量が3.1kgと軽量で持ち運びにも便利でコンパクト設計のため、収納のしやすさも人気のポイント。

    価格帯も2万円以下で購入できるので、ポータブル電源のエントリーモデルとしてもおすすめです。スマートフォン、パソコン、USB小型扇風機、ミニ冷蔵庫などに対応可能。

    ソーラーパネル充電、ACコンセント充電、シガーソケット充電の3つの充電方法に対応しています。

    楽天で詳細を見るamazonで詳細を見る

総合評価4.69
レビュー件数:1,157件
※2021/11/8時点
手軽に使える優れもの。早速AC充電して、扇風機、ラジオ、ガスストーブの電源、スマホAC充電、スマホUSB充電を試しました。いずれも問題なく使えて満足しています。思ったよりも軽く容量のより大きい機種でも取り回しが楽そうです。災害に備えてソーラーパネルとさらに大容量の蓄電池も追加購入したいと思っています。

容量240Wh(純正弦波)重量3.1kg
出力ポートACコンセント(1口)、DCポート(1口)、USB(2口)定格出力200W
AC出力周波数60Hzサイズ23 x 13.3 x 16.7cm

その他機能:PSE認証、バッテリーマネジメントシステム(BMS)、MPPT制御

350Wh~600Wh以下:ポータブル電源 CITAEB-01 444Wh / ラ・チタ(LACITA)

  • 車中泊やキャンプ用におすすめのポータブル電源!
    ポータブル電源 ENERBOX CITAEB-01 444Wh/ ラ・チタ(LACITA)

    59,800円(税込)※相場(楽天参考)

    楽天市場内で中型クラスの容量では、高い人気を誇る人気のポータブル電源。家電批評や様々な雑誌やメディアでも紹介され、レビュー件数もトップクラスを誇ります。

    定格出力は400W、瞬間最大出力は600Wと高く、電気毛布、マイコン炊飯器、洗濯機(4.5kg以下)、ガスファンヒーター、マルチクッカーなど幅広い電化製品に対応することができます。

    一般的にポータブル電源の自然放電は、3ヶ月で10%程と言われていますが、5%と低くバッテリーの消耗が少ないのも大きな特徴です。

    楽天で詳細を見るamazonで詳細を見る

総合評価4.61
レビュー件数:2,517件
※2021/11/5時点
二泊のキャンプ用に購入。サーキュレーターまわしたり、携帯充電したり、子供のタブレットを充電したり大活躍でした。普段でも自分の部屋には電源が少ないので使えそうです。
届いた時、80%充電してありすぐにためし使い出来るようにしてありメーカーさんの心使いを感じました。購入後の対応も良かったです。文句なしの星5でした。

容量444Wh重量5kg
出力ポートACコンセント(3口)、USB(3口)、シガーソケット(1口)定格出力最大消費電力400W以下の電化製品への給電
充電方法ソーラー・コンセントサイズ30.3 x 13.4 x 18.4cm

その他機能:PSE認証、MCU、バッテリーマネジメントシステム(BMS)

700Wh以上:ポータブル電源 1,534Wh PTB152 / ジャクリ(Jackery)

  • 災害用に最適な大容量ポータブル電源!
    ポータブル電源 1,534Wh PTB152 / ジャクリ(Jackery)

    179,800円(税込)※相場(楽天参考)

    バッテリー容量が1,500Whを超える大容量ポータブル電源。定格出力は1,800Wと高出力のため、消費電力が大きいトースター、炊飯器、電子レンジなども使用することができます。

    耐久性にも優れサイクル回数は800回と寿命も長く、アウトドアだけでなく災害用、防災用としても活躍してくれるポータブル電源です。アウトドアであれば、3~6泊の宿泊に対応。

    また電気自動車に採用されているバッテリーマネジメントシステム(BMS)を搭載することで、高い安全性を実現。

    楽天で詳細を見るamazonで詳細を見る

総合評価4.73
レビュー件数:135件
※2021/11/5時点
大容量で安心感があります。これから寒くなるので非常用の防災備品として、購入しました。発電機かポータブル電源が悩みましたが、取扱い方法や、安全性でこちらを選びました。重量については、想定範囲内の重さでした。男性であれば片手で持ち運びでき、問題なく車両等にも載せられる重さかと思います。ソーラーパネル 200Wも本日注文しましたので、こちらを活用し、防災目的の購入ではありますが、天気のいい日に充電し、屋外での活動やキャンプなどの電源として活用したいと思います。

容量1,534Wh重量16kg
出力ポートACコンセント(3口)、DCポート(2口)、USB-A(1口)、USB-C(1口)、QC3.0(1口)、シガーソケット(1口)定格出力1,800W
充電方法ソーラー・シガーソケット・コンセント・発電機サイズ35.5 x 26.5 x 25.3cm

その他機能:PSE認証、ツインターボシステム、バッテリーマネジメントシステム(BMS)

ポータブル電源・発電機カテゴリの最新記事