ポータブル電源の車内放置は危険?バッテリー劣化の原因に!

ポータブル電源の車内放置は危険?バッテリー劣化の原因に!

ポータブル電源の車内放置は危険?バッテリー劣化の原因に

今回は車内でのポータブル電源の長期保管についてご紹介します。ポータブル電源のバッテリーへの影響や注意点など詳しくご紹介します。

おすすめ関連記事
コスパ最強ポータブル電源のおすすめランキング9選!2021年最新版
最強クラス厳選!大容量ポータブル電源のおすすめランキング5選!2021年最新版

ポータブル電源の車内放置はバッテリーの寿命を縮める

ポータブル電源に採用されているリチウムイオン電池は、高温に弱く高温環境下で保管するとバッテリーの劣化が進み寿命を縮める原因となってしまいます。

メーカーによっても異なりますが、一般的に推奨されているリチウムイオン電池の保管温度は、-20~45度となっています。夏場などの炎天下の場合、車内温度は、50度以上になることもあります。さらにダッシュボード付近では70度以上になると言われています。

炎天下での車内放置は控え、春~秋場や気温が高い場合は屋内など涼しい場所に移動させて保管しましょう。

高温環境で充電または保管すると、電池容量が永久的に劣化する可能性があります。また、電池寿命が低下するのに伴い、使用時間が短くなります。
出典:電池性能と利用の紹介(リチウムイオン電池について) | HUAWEI

季節別社内温度

JAFが公表している車内温度のユーザーテストでは下記通りとなっています。ポータブル電源の車内保管の目安として是非参考にしてみてくださいね。

基本的には、冬場以外の季節では車内温度は45度以上になる可能性が非常に高く、車内放置は避けた方がいいでしょう。

出典:車内の環境(車内温度/紫外線/空調) | JAF

春の車内温度:4月実施

車内温度:48.7度
ダッシュボード付近温度:70.8度

夏の車内温度:8月実施

車内温度:57度
ダッシュボード付近温度:79度

※車のカラーがブラックの場合

秋の車内温度:10月実施

車内温度:51.7度
ダッシュボード付近温度:65.1度

冬の車内温度:2月実施

車内温度:-10.2度

※天候:雪の場合

高温環境下ではポータブル電源が動作しない場合も

推奨保管温度と同様にメーカーにより異なる場合がありますが、ポータブル電源の放電時の使用温度範囲は、およそ-10~40度となっています。使用温度範囲を超えてしまうとポータブル電源が動作しなくなってしまう恐れがあります。

例えば、40度以上の環境下で保管していた場合、いざ使おうとした時にポータブル電源が動作しない場合もありますので注意が必要です。使用時だけでなく保管時の温度管理もとても大切です。

ポータブル電源・発電機カテゴリの最新記事