パルスオキシメーターの数値は指によって違う?結論と対処法をご紹介

パルスオキシメーターの数値は指によって違う?結論と対処法をご紹介

パルスオキシメーターの数値は指によって違う?結論と対処法をご紹介

パルスオキシメーターの動脈血酸素飽和度(SpO2)数値は、指によって違うのか?と気になっている方もいるのではないでしょうか。今回はパルスオキシメーターの疑問についてご紹介します。

おすすめ関連記事
パルスオキシメーターのおすすめ人気ランキング10選!オムロンから日本製まで厳選!

パルスオキシメーターは指によって数値が異なる

結論からお伝えすると、動脈血酸素飽和度(SpO2)を測定する際の指によって数値は異なります。これは指によって血流が異なるためにパルスオキシメーターの数値に違いが生じてしまうのが原因です。

例えば右手の人差し指よりも、左手の人差し指が冷えており血流が悪ければ右手の人差し指と異なる数値になります。

パルスオキシメーターの仕組みと原理は、指先に光を当てることで透過光量を測定し、動脈血酸素飽和度(SpO2)を算出するという仕組みになっています。そのため血流の状態によって数値に違いが生じてしまうのです。

パルスオキシメーターの原理や仕組みについては下記の記事でも詳しく解説しています。
パルスオキシメーターの原理と仕組みについて

体動によって発光部と受光部がずれる場合や、指先の冷えなどで測定部に血流が十分にない場合、マニキュアなどで光の透過が邪魔される場合などに、正しく測定されないことがあります。
出典:パルスオキシメータとはどのようなものですか? | 一般社団法人日本呼吸器学会

数値が異なる場合の対処法について

先ほど、指の血流によってパルスオキシメーターの動脈血酸素飽和度(SpO2)数値が異なることをお伝えしました。より正確に毎日の健康管理を行うためにも、「どの指で測定するか」を決めてから毎日の測定を行いましょう。

事前に測定する指を決めておくことで測定値の誤差を軽減し、より正確に健康管理を行うことができます。

また指先が冷えてしまったり、ネイルやマニュキュアを塗っていると正しく動脈血酸素飽和度(SpO2)を測定することができません。

指先が冷えている場合はマッサージを行うなど血流を良くしてから測定を行い、ネイルやマニュキュアに関しては、必ず綺麗に除去してから測定を行うように心がけましょう。

パルスオキシメーターカテゴリの最新記事