パルスオキシメーターの原理と仕組みについて

パルスオキシメーターの原理と仕組みについて

パルスオキシメーターの原理と仕組みについて

「パルスオキシメーターの原理って?」、「仕組みはどうなっているの?」など気になるパルスオキシメーターの原理と仕組みについてわかりやすく解説していきます。

下記の記事では、人気メーカーであるオムロンから日本製のパルスオキシメーターのおすすめ人気ランキングをご紹介しております。パルスオキシメーターの購入を検討されている方は、是非こちらもご参考にしてみてくださいね。

おすすめ関連記事
パルスオキシメーターのおすすめ人気ランキング10選!オムロンから日本製まで厳選!

パルスオキシメーターはヘモグロビンの透過光量の違いで測定する

パルスオキシメーターは、指さきに赤色と赤外光を当てることでセンサーが透過光量を測定し、動脈血酸素飽和度(SpO2)を算出しています。

人間の身体(肺)に取り込められた酸素は、ヘモグロビンと結合することで酸素を身体中に届けることができます。そしてヘモグロビンには、酸素と結合した「酸化ヘモグロビン」と酸素と結合していない「還元ヘモグロビン」が存在します。

この2種類のヘモグロビンでは、赤色と赤外光を当てた際に透過光量に違いが表われます。
2種類のヘモグロビンの透過光量の違いを検出し、血液中に流れている赤血球に含まれるヘモグロビンに何%の酸素が結合しているかを調べることで、動脈血酸素飽和度(SpO2)を測定しています。

プローブから赤色と赤外光が発光し、酸化ヘモグロビンと還元ヘモグロビンの透過光の違いを利用して動脈血酸素飽和度(SpO2)を算出します。
出典:パルスオキシメータの原理は? | コニカミノルタ株式会社

酸化ヘモグロビンと酸素飽和度について

身体へ酸素を取り込むと、肺ではヘモグロビンは約100%酸素と結びつき酸化ヘモグロビンになります。ただ肺を通らない血液もあるため、パルスオキシメーターを使い指先で測定すると正常値である「96~99%」となります。

パルスオキシメーターの詳しい正常値に関しては下記の記事で解説しております。
パルスオキシメーターの正常値と使い方について

パルスオキシメーターカテゴリの最新記事