アルコールチェッカー・検知器の平均寿命について

アルコールチェッカー・検知器の平均寿命について
アルコールチェッカー アルコール検知器の平均寿命について
Source:amazon.co.jp

アルコールチェッカー・検知器の平均寿命についてご紹介します。一般家庭用向けアルコールチェッカーと業務用アルコールチェッカーでは、平均寿命も大きく異なりますので是非参考にしてみてくださいね。

後半では、耐用年数・使用回数が大きい長寿命タイプの業務用アルコールチェッカー・検知器もご紹介します。

おすすめ関連記事
業務用アルコールチェッカーのおすすめ人気ランキング7選!
精度が高いアルコールチェッカーのおすすめランキング3選!

一般家庭用向けアルコールチェッカー・検知器の平均寿命

一般家庭用向けアルコールチェッカー・検知器の平均寿命は、1年または使用回数500~1,000回ほどとなっています。一般家庭用向けアルコールチェッカーは、センサー交換できない安価なタイプが多いため、耐用年数または使用回数を超えた時点で、アルコールチェッカーの買い替えが必要となります。

センサー交換ができないですが、価格帯が3,000円以下で購入できるアルコールチェッカーが多く、一般の方に人気のアルコールチェッカーです。

業務用アルコールチェッカー・検知器の平均寿命

一般的家庭用向けと比較すると業務用アルコールチェッカー・検知器の平均寿命は長く、最長では1~2年または使用回数5,000~10,000回まで対応しているアルコールチェッカーも販売されています。

また業務用アルコールチェッカーは、センサーを交換することができるのでランニングコストを抑えることができます。運送業者様などにおすすめのアルコールチェッカーです。

BESTLABO厳選!寿命が長いおすすめの業務用アルコールチェッカー

業務用アルコールチェッカー・検知器 Fu-Go FALC-11 / フィガロ技研

  • 使用回数10,000回まで対応できる日本製の長寿命モデル!
    業務用アルコールチェッカー・検知器 Fu-Go FALC-11 / フィガロ技研

    34,800円(税込)※相場(楽天参考)

    センサー寿命は、1年または使用回数10,000回と耐用年数・使用回数が多い長寿命タイプの業務用アルコールチェッカーです。

    センサーには、誤検知が少ない高性能電気化学式ガスセンサーを採用することで、精度の高いアルコール濃度測定を実現。

    ハンディタイプ、据え置き記録タイプ、遠隔地間用などシーンに合わせて使用することができます。さらにドライバーID機能を搭載し、個人識別を可能に。

    アルコール濃度測定値は、最大2,500件まで記録することができ、パソコンへのデータ転送も可能なので、日々のアルコール濃度測定管理にも便利です。

    楽天で詳細を見るamazonで詳細を見る

総合評価4.55
レビュー件数:11件
※2021/12/7時点
運輸業界で、アルコール検査が義務付けられて数年たちました。この商品はかなり低コストでたすかります。テストでウイスキーを口に含んで試したら、0.35。うがいしても0.15とキチンと測定できました。会社でもキチンと測定出来てます。質、デザインともに良かったです。

呼気中アルコール濃度測定範囲0.00mg/l~0.35mg/l ※0.05mg/l未満は0.00mg/l表示検知方法吹き込み式(電気化学式センサー)
センサー寿命1年または使用回数10,000回その他機能ドライバーID識別機能、メモリ機能、日本製
サイズ120 x 65 x 25mm重量約140g(電池含まず)

アルコールチェッカーカテゴリの最新記事