コーヒーはアルコールチェッカーで反応する?影響について

コーヒーはアルコールチェッカーで反応する?影響について

コーヒーはアルコールチェッカーで反応する?影響について

コーヒーを飲んだだけでもアルコールチェッカー・検知器は反応する?コーヒーを飲んだ場合の影響について詳しく解説していきます。

後半では、アルコール成分以外では誤検知が少ない高精度の業務用アルコールチェッカー・検知器もご紹介します。

おすすめ関連記事
業務用アルコールチェッカーのおすすめ人気ランキング7選!
精度が高いアルコールチェッカーのおすすめランキング3選!

コーヒー飲んだ直後はアルコールチェッカーで反応する場合も

コーヒーや紅茶などを飲んだ直後は、稀にアルコールチェッカー・検知器で反応が出てしまう場合があります。これは飲用したコーヒーの香料に含まれるアルコール成分が、反応してしまったのが主な原因と考えられています。

コーヒーを飲用した場合は、15分ほど時間を置いてから、水でうがいを行いアルコールチェッカーを使用しましょう。

ビールなどのお酒を飲酒していなくても、一部食料品には微量のアルコール成分が含まれているものもあります。下記の記事では、アルコール反応が出てしまう可能性がある食料品や医薬品に関して詳しく解説していますので是非参考にしてみてください。

アルコール検知器でお酒を飲んでないのに反応が出る原因

アルコールチェッカーに搭載されるセンサーによって誤検知も

アルコールチェッカー・検知器に搭載されるセンサーは、大きく分けて「半導体式ガスセンサー」、「電気化学式(燃料電池式)センサー」の2種類に分けれます。センサーの違いによって誤検知される場合もあります。

それぞれのセンサーの違いは下記の通りとなります。

半導体式ガスセンサー

半導体式ガスセンサーは、低価格で導入しやすいというメリットがある反面、アルコール成分以外にも反応してしまう場合があるというデメリットもあります。

電気化学式(燃料電池式)センサー

周囲の環境やアルコール成分以外の影響を受けにくく、半導体式ガスセンサーよりも高い精度でアルコール濃度測定を行うことができます。業務用アルコールチェッカーなどに多く採用されており、精度を求める方におすすめのセンサーです。

ただし、半導体式ガスセンサーよりも価格が高くなる傾向があります。

電気化学式センサーを採用している業務用アルコールチェッカー

誤検知が発生しにくい電気化学式センサーを採用している業務用アルコールチェッカー・検知器をご紹介します。

業務用アルコールチェッカー・検知器 Fu-Go FALC-11 / フィガロ技研

  • 業務用アルコールチェッカー・検知器のおすすめ人気ランキング第4位
    業務用アルコールチェッカー・検知器 Fu-Go FALC-11 / フィガロ技研

    34,800円(税込)※相場(楽天参考)

    誤検知が少ない高性能電気化学式ガスセンサを搭載。ハンディタイプ、据え置き記録タイプ、遠隔地間用などシーンに合わせて様々な活用法が可能です。

    運送業者に最適なドライバーID機能を搭載することで、アルコールチェッカー単体で個人識別をすることができます。またアルコールチェッカー本体にメモリ機能を搭載し、アルコール濃度測定結果を最大2,500件まで記録することが可能です。

    記録データは、パソコンへも転送が可能なのでアルコール濃度測定値の管理にもおすすめです。

    楽天で詳細を見るamazonで詳細を見る

呼気中アルコール濃度測定範囲0.00mg/l~0.35mg/l ※0.05mg/l未満は0.00mg/l表示検知方法吹き込み式(電気化学式センサー)
センサー寿命1年または使用回数10,000回その他機能ドライバーID識別機能、メモリ機能、日本製
サイズ120 x 65 x 25mm重量約140g(電池含まず)

アルコールチェッカーカテゴリの最新記事