アルコールチェッカー・検知器の数値表【完全保存版】

アルコールチェッカー・検知器の数値表【完全保存版】

アルコールチェッカー 検知器の数値表 完全保存版

アルコールチェッカーでアルコール濃度数値を測定した場合、どれくらいの数値で罰則の対象となるのか、アルコールチェッカー・アルコール検知器の数値表をご紹介します。

数値と合わせて違反点数や罰金についてもご紹介しますので是非参考にしてみてください。

アルコールチェッカーの数値が0.15mg/l以上で酒気帯び運転に

アルコールチェッカーまたはアルコール検知器でのアルコール濃度数値が、0.15mg/l(リットル)以上であれば「酒気帯び運転」となり、道路交通法に基づき罰則の対象となります。

また道路交通法では、飲酒運転を大きく分けて「酒気帯び運転」、「酒酔い運転」の2種類に飲酒運転を定義しています。この違いについて詳しく解説していきます。

呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mg以上、または血液1ミリリットル中に0.3mg以上のアルコール濃度を含んでいると取り締まりの対象になり、違反点数が付加される行政上の責任や、罰金・罰則などの刑事的な処罰が下されます。
出典:酒気帯び運転とは?酒酔い運転との違いや罰則について | おとなの自動車保険

酒気帯び運転:アルコール濃度数値が0.15mg/l以上

アルコールチェッカーによって出たアルコール濃度数値が、0.15mg/l(リットル)以上の場合、酒気帯び運転となります。ただ0.15mg/l未満であっても、罰則の対象になる可能性もあります。

これは道路交通法第65条第1項に「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない」と記載されている遵守事項により、アルコール濃度の数値にかかわらず「酒気帯び運転」と判断された場合、罰則の対象となります。

さらにアルコール濃度数値が0.25mg/l(リットル)以上の場合、より厳しい罰則・行政処分内容となっています。

酒気帯び運転(0.15mg/l以上0.25mg/l未満)の罰則

罰則3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒気帯び運転(0.15mg/l以上0.25mg/l未満)の行政処分

アルコール濃度0.15mg/l以上0.25mg/l未満
処分内容基礎点数:13点、免許停止:90日間

※前歴、その他累積点数がない場合

酒気帯び運転(0.25mg/l以上)の罰則

罰則3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒気帯び運転(0.25mg/l以上)の行政処分

アルコール濃度0.25mg/l以上
処分内容基礎点数:25点、免許取消:欠格期間2年間

※前歴、その他累積点数がない場合

酒酔い運転:車両等を正常に運転できない状態

「酒酔い運転」とは、アルコールの影響により車両等の正常な運転ができない状態のことを意味し、アルコールチェッカーで出たアルコール濃度数値に関わらず、警察の方に車両等の運転に支障をきたす状態と判断された場合、「酒酔い運転」として検挙され、罰則の対象となります。

罰則、行政処分内容共に最も厳しく、基礎点数35点、免許取消 欠格期間3年間となっています。

酒酔い運転の罰則

罰則5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

酒酔い運転の行政処分

呼気中のアルコール濃度
処分内容基礎点数:35点、免許取消:欠格期間3年間

※前歴、その他累積点数がない場合

アルコールの分解時間について

アルコールの分解速度は、性別、年齢、体重、体質、体調などによっても大きく異なります。

缶ビール350mlを摂取した場合の分解推奨時間は、国土交通省「飲酒に関する基礎教育資料」によれば、3.5時間と設定されています。またアルコール摂取後に、水を飲んでもアルコールの分解速度は変わりません。

その他、アルコール飲料の分解推奨時間は下記の通りとなっています。

アルコールの分解時間について
Source:国土交通省「飲酒に関する基礎教育資料」

飲酒をしたら運転しないことが鉄則

上記でもお伝えした通り、アルコールチェッカーによるアルコール濃度数値が基準値(0.15mg/l)以下であっても、運転手の症状などから「酒気帯び運転」と判断されれば、罰則の対象になる可能性があります。

道路交通法第65条第1項にも「酒気を帯びて車両を運転してはいけない」と記述がある通り、飲酒をした場合は、車を運転しないことが鉄則です。

アルコールチェッカーカテゴリの最新記事