ポータブル電源の廃棄処分方法について!処分の注意点

ポータブル電源の廃棄処分方法について!処分の注意点

ポータブル電源の廃棄処分方法について 処分の注意点

ポータブル電源の買い替え時に、「ポータブル電源の廃棄処分はどうしたらいいの?」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。今回は、ポータブル電源の廃棄処分方法と注意点についてご紹介します。

おすすめ関連記事
コスパ最強ポータブル電源のおすすめランキング9選!2021年最新版
最強クラス厳選!大容量ポータブル電源のおすすめランキング5選!2021年最新版

ポータブル電源の廃棄処分方法

ポータブル電源に採用されているリチウムイオン電池は消耗品になります。劣化したバッテリーを使用し続けると、バッテリーが膨張したり発火の原因となってしまう場合もありますので、バッテリーの劣化を感じたらポータブル電源の買い替えも視野に入れておきましょう。

ポータブル電源は燃えないゴミとして出すことはできない

ポータブル電源には、リチウムイオン電池が含まれているため燃えないごみ(不燃ごみ)として出すことはできません。これはリチウムイオン電池の特性から発火などが発生する可能性があるため禁止されているためです。

家庭用ごみとして出すことはできないので注意が必要です。

ポータブル電源の処分は家電量販店などの回収ボックスへ

ポータブル電源は、家庭用ごみとして廃棄できないため、家電量販店やホームセンターに設置されている回収ボックスを利用しましょう。各地域によっては役所などにも設置されている場合もあります。

回収ボックスの設置箇所に関しては、JBRCの公式サイトより検索が可能です。
協力店・協力自治体検索 | JBRC

処分を行う場合は、正極、負極の端子に絶縁テープを貼り、発火防止の処置を行ってから処分しましょう。

ポータブル電源の処分にはリサイクル料金が必要

ポータブル電源の大きさなどによってもリサイクル料金は異なります。またリサイクル料金以外の収集・運搬料金は地域によって異なるため、事前に自治体などに確認を行いましょう。

ポータブル電源・発電機カテゴリの最新記事