医療用血圧計と家庭用血圧計の違いについて

医療用血圧計と家庭用血圧計の違いについて
医療用血圧計と家庭用血圧計の違いについて
Source:amazon.co.jp

「医療用血圧計と家庭用血圧計の違いはなに?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、医療用血圧計と家庭用血圧計の明確な違いについて解説していきます。

おすすめ関連記事
正確性が高い血圧計のおすすめ人気ランキング5選!上腕アームイン式
手首式血圧計のおすすめ人気ランキング7選!スマホ連動タイプも!

医療用血圧計と家庭用血圧計の違い

血圧の正常値上限が違う

血圧測定では、測定を行う環境によって血圧値が大きく異なると言われています。例えば病院などで血圧測定を行う場合、自宅に比べて緊張により血圧が上がることが予想されます。

一方で、自宅で血圧測定を行う場合は、病院よりもリラックスした状態で血圧測定を行うことができます。そのため血圧の正常値は、「診察室血圧」と「家庭血圧」の2種類に区分されています。

診察室血圧の正常値上限は、140/90mmHg未満に設定されています。しかし家庭血圧では、5mmHg低い135/85mmHg未満に設定されているのが大きな違いです。

血圧の正常値については、計る環境によって数値が変わるため、診察室血圧と家庭血圧に区分されます。一般的には、家庭血圧は診察室血圧よりも収縮期、拡張期ともに5mmHg程度低めといわれます。高血圧の基準は家庭血圧で135/85mmHg以上、診察室血圧では140/90mmHg以上と定義されています。
出典:血圧の正常値について | 大川医院

測定精度に関してはほとんど大差はない

医療用血圧計、家庭用血圧計でも血圧計本体の測定精度に関しては、ほとんど大差はありません。※機種によって異なる場合はあります。

実際に、オムロン(OMRON)の人気機種とテルモ(TERUMO)が販売を行っている医用電子血圧計の測定精度を比較しても精度は全く同じです。

【オムロン 電子血圧計 HCR-7201】
圧力/±3mmHg以内
脈拍数/読み取り数値の±5%以内
種類:上腕式血圧計(上腕式)
【テルモ 医用電子血圧計 エレマーノ2 ES-H56/H56D】
圧力/±3mmHg以内
脈拍数/読み取り数値の±5%以内
種類:上腕式血圧計(上腕式)

血圧計本体の測定精度に大きな違いはなくても、測定サポート力に優れた上腕式(アームイン式)では、より安定して測定することができるため、医療用、家庭用関係なく種類によって血圧値に誤差が生じやすくなる場合もあります。

搭載されている機能の違い

メーカーや機種によっても異なりますが、医療用血圧計には、家庭用血圧計に搭載されていないさまざまな機能を搭載しています。

幅広い測定モード

低血圧や脈の弱い方用に、通常の減圧速度よりも遅い減圧速度で減圧が可能なスローモードを搭載している血圧計もあります。

その他にも、聴診器を用いた聴診法による血圧測定に切り替えることができる機能を搭載した血圧計などもあり、医療用に特化した機能が多く搭載されています。

印字プリント機能

血圧測定した数値をそのまま本体から印字プリントする機能を搭載した血圧計もあります。血圧や脈拍数などを印字することが可能です。

消毒液に対応している

医療用血圧計では、エタノール・次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が可能なカフを採用しているものもあります。不特定多数の方を測定するため感染予防に対しても考慮されています。

血圧計カテゴリの最新記事