ワキガとは?主な原因と自力で直す対策について

ワキガとは?主な原因と自力で直す対策について

ワキガとは?主な原因と自力で直す対策について

今回はワキガの具体的な症状と主な原因についてご紹介します。また脇に常在する菌や自力でワキガを治す対策についてもご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

そもそもワキガ(アポクリン臭汗症)の症状とは?

ワキガの症状は、アンモニア臭のように「ツンとした」匂いが脇から発生する症状のことを指します。一般的には「ワキガ」と呼ばれることが多いですが、アポクリン臭汗症という名称があります。

ワキガ特有の匂い以外には、特に症状はなく、ワキガが原因で重篤な病気を引き起こすということもありません。

ワキガの匂いの原因は分泌される汗にあった

ワキガの匂いの原因は分泌される汗にあった

身体には、汗を分泌する器官として「エクリン腺」と「アポクリン腺」と呼ばれる2種類の汗腺が存在します。

エクリン腺

エクリン腺は、暑い季節などに温度調節するために汗を出す汗腺として機能し、分泌される汗は基本的には匂いがなく色味もないのが特徴です。

アポクリン腺

一方でアポクリン腺は、脇・肛門・外陰部など限られた場所のみに分布されている幹線となります。アポクリン腺から分泌される汗には、タンパク質、脂質なども含まれており白濁した色味をしているがエクリン腺との違いです。

さらに脇に存在する常在菌によって、汗に含まれているタンパク質などを分解する際に、強い匂いが発生します。この匂いがワキガの主な原因です。

一般的な人よりもアポクリン腺の数が多い方がワキガを発症しやすいという傾向があります。アポクリン腺の数は毛量とも関係があるため、脇などの毛量が多い方は発症しやすいといえるでしょう。

脇の常在菌について

上記で脇の常在菌によって、汗が分解されることで強い匂いを発生させるとお伝えしました。それでは脇にはどのような常在菌がいるのでしょうか。脇の常在菌についても詳しくご紹介します。

表皮ブドウ球菌

表皮ブドウ球菌は、皮膚の表面や毛穴に常在している球菌です。汗や皮脂などを栄養に脂肪酸などを生成し、皮膚を弱酸性に保ってくれる働きをしています。またグリセリンも生成し、肌のバリア機能を保つ役割もあります。

感染症の原因となる黄色ブドウ球菌の増殖を抑えてくれるという重要な役割も担っています。表皮ブドウ球菌が汗を分解する際の、匂いは他の菌よりも強くありません。

ジフテロイド菌(コリネバクテリウム属)

ワキガを発症している方に多く常在しているのがジフテロイド菌です。汗を分解する際に、アンモニア臭のような強い匂いが発生します。細菌の中でも耐性が強く、殺菌作用の強い有効成分でないと殺菌することができません。

ワキガの匂いの多くが、ジフテロイド菌が原因となります。

キセロシス菌(コリネバクテリウム属)

ジフテロイド菌と同様にコリネバクテリウム属の菌で、こちらも汗を分解する際に匂いが発生します。ジフテロイド菌が生成するイソ吉草酸は、長時間履いた靴下や蒸れた靴下のような匂いを発生させます。

ワキガの発症原因について

ワキガの匂いの原因は、常在菌が汗を分解する際に発生する匂いだということがわかりました。それではワキガが発症する原因は、どのような原因があるのでしょうか。

ワキガの発症原因についてご紹介します。

遺伝による発症

「ワキガは遺伝するの?」と気になった方もいるのではないでしょうか。

実は汗を分泌させる汗腺の一種であるアポクリン腺の数は、遺伝によって継承されることがあります。両親がアポクリン腺を多く持っている場合、子供も同じようにアポクリン腺を多く持って生まれることがあります。

両親のどちらかがワキガの場合は約50%、両親がワキガの場合は約80%というかなり高い確率でワキガが遺伝すると言われています。そのため、遺伝によってワキガが発症する可能性も非常に高いといえるでしょう。

ホルモンバランスの変化による発症

アポクリン腺は、性ホルモンによる影響を大変受けやすく、思春期などで性ホルモンの分泌が増加するとアポクリン腺の働きが活性化されるという作用があります。

そのため、幼少期ではワキガではなかったのに思春期を迎えるとワキガを発症するということは珍しくありません。また女性の場合は、月経の周期とも大きく関係しており、月経前期や妊娠期にワキガの症状が発生する場合もあります。

食生活の乱れや食べ物による発症

食生活の乱れも実はワキガ発症に大きく関係していることがわかっています。例えば、動物性たんぱく質などの肉中心の食生活である、欧米人や黒人などはワキガ発症率が高く、70~100%の高確率でワキガを発症しています。

肉中心の食生活では、アポクリン汗腺の働きを活性化させてしまったり、体臭をより強くしてしまうという原因にもなってしまいます。

昨今では、ジャンクフードなどの欧米の食文化が多く日本にも取り入れられています。食生活を見直し、バランスの取れた食生活を送ることが大切です。

ワキガを自力で直せる?自力で直す対策について

アポクリン腺の数を減らすことはできない

アポクリン腺の数は遺伝性が強く、あとから減少させたりすることはできません。一般的には手術によってアポクリン腺を取り除くか機能しないようにダメージを与えて器官を破壊する必要があります。

ワキガを自力で直すには副作用も少ないワキガクリームがおすすめ

最も即効性が高く、低価格でワキガの匂いを抑えることができるのがワキガクリームです。ワキガクリームに含まれる有効成分には、菌の増殖を抑制してくれる殺菌効果のある成分や抑汗効果のある成分が含まれています。

汗の分泌を抑えて、菌の増殖も抑えてくれえるのでワキガの強い匂いを簡単に軽減させることができます。

匂い対策力が強い最強ワキガクリームのおすすめ人気ランキング10選!

食生活改善でも大きな効果も

欧米の食文化を好むよりも日本本来の食生活に戻してあげることで、ワキガの症状を抑えることができます。お肉などの動物性たんぱく質や脂質・油分が多いジャンクフードなどは、アポクリン汗腺の働きを活性化させてしまう要因となってしまうためです。

そのため、肉中心の食生活の方は、魚や野菜などもバランスよく摂取することでワキガの症状も軽減さえることができるでしょう。

効果が高いおすすめのワキガクリーム

ワキガクリーム 薬用DAクリーム 120g / エナヴィス(ENAVIS)

  • 最強ワキガクリームのおすすめ人気ランキング第1位
    ワキガクリーム 薬用DAクリーム 120g / エナヴィス(ENAVIS)

    2,980円(税込)※相場(楽天参考)

    殺菌試験では99.9%もの高い殺菌効果を実証し、楽天ランキングでも連続1位を獲得している人気のワキガクリームです。

    また持続性にも優れ、最大で24時間以上効果が持続します。お出かけ前に朝塗布すれば1日中、効果が続くので忙しい方にもおすすめです。

    内容量も120gと大容量なので、脇だけでなく気になる部分にもたくさん使用することができます。

    楽天で詳細を見るamazonで詳細を見る

総合評価4.44 レビュー件数:843件
※2022/6/8時点
小さい時からワキガがひどくて、上着が黄色く染まるほど。痛い思いをして手術をしたのですが、歳と共に汗腺が少しずつ復活。また臭うようになってしまいました。
制汗剤でごまかすしかない、と思って探していたところ偶然ENAVISに出逢い、ビビっときたのですぐに注文。早速使ってみましたが、サラサラ感はすごいです。最初は普通のクリームなのですが、すぐに肌に馴染み、まるで汗が止まったよう。肝心のワキガもどことやらです。
夜まで気持ちよく過ごせました。もっともっと早くに販売して欲しかったです。そうしたら、あの痛い手術を受けなくて済んだのに。。

有効成分クロルヒドロキシアルミニウム持続時間24時間以上
医薬部外品内容量120g

コスメカテゴリの最新記事