電気バリブラシの副作用とデメリットについて詳しく解説

電気バリブラシの副作用とデメリットについて詳しく解説

電気バリブラシの副作用とデメリットについて詳しく解説

気になる顔のたるみに対してリフトアップ効果が期待できる美容機器「電気バリブラシ」。

最近では、エレクトロンの電気バリブラシ以外でも、ヤーマン、サロニア、ウェイブウェイブなど様々なメーカーからも電気ブラシが販売されており、注目を集めている美容機器のひとつでもあります。

電気バリブラシ、電気ブラシの効果と同様に気になるのが、副作用やデメリットの部分ですよね。

そこで今回は、電気バリブラシ、電気ブラシの副作用の有無やメリット・デメリットについて、詳しく解説していきますので是非参考にしてみてくださいね。

※電気バリブラシは、エレクトロンの商品名を指し、EMS機能を搭載したブラシの総称を「電気ブラシ」といいます。「電気バリブラシ」、「デンキバリブラシ」は、有限会社G.Mコーポレーションの登録商標です。

結論:電気バリブラシに副作用はない

結論から先にお伝えすると、エレクトロンの電気バリブラシや一般的な電気ブラシに副作用はありません。

取扱説明書に記載されている使用方法を厳守して使用すれば、副作用を引き起こすことはありません。

また電気ブラシは、患部を水で濡らしたり、専用ジェルを塗布してから使用することはありますが、薬物などを塗布または使用して電気ブラシを使用することはありませんので、副作用が発生することは基本的にはありませんのでご安心ください。

家庭用低周波機器の電力等はJIS規格で厳しく定められている

電気バリブラシ、電気ブラシなどの低周波を用いた家庭用低周波治療器は、体に対して悪影響や副作用が出ないように、JIS規格(日本産業規格)により、出力電力などが厳しく定められています。

具体的には、下記の通りに定められています。

このように電気ブラシなどの家庭用低周波治療器を国内販売するには、下記の性能に適合する必要があり、体に悪影響が及ばないように厳しく管理されているので、副作用を気にせず安心して使用することができます。

【家庭用低周波治療器期は規定する下記の性能に適合しなければならない】
・最大出力電流:1kΩ無誘導抵抗負荷で実効値20mA以下
・基本周波数:1,200Hz以下
・定格出力電圧:1kΩ無誘導抵抗負荷で波高値200V以下
・パルス波形:60Hz以下の正弦波交流を使用してはいけない
・パルスエネルギ:1kΩ無誘導抵抗負荷での1パルス当たり120mJ以下
・精度:基本周波数、出力電圧、パルス幅ともに定格値の±30%

参考文献:JIST2003:2018 家庭用電気治療器 | 日本産業規格

疾患がある方は副作用に注意が必要

上記では、電気バリブラシ、電気ブラシによる副作用は心配ないと解説させていただきましたが、一部例外もありますので合わせて解説していきます。

一般的に疾患などの持病がない方が、使用方法を厳守し使用すれば、副作用が起きる美容電子機器ではありません。

しかし、下記に該当する方は、持病を悪化させたり、悪影響を及ぼす副作用が発生する可能性がありますので注意が必要です。

医用電子機器を使用している方は使用しない

下記の医用電子機器を使用している方は、電気バリブラシ、電気ブラシを使用しない。

万が一使用した場合、医用電子機器の誤動作を招き、副作用などの障害をもたらす可能性があります。

【下記の医用電子機器の方は使用禁止】
・ペースメーカーなどの体内植込み式医用電子機器
・人工心肺など生命維持用医用電子機器
・心電計などの装着型医用電子機器

疾患などがある方は副作用に注意

各メーカーによっては、使用禁止ではなく、医師にご相談の上、判断くださいと取扱説明書に明記されている場合もあります。

副作用等が気になる方は、必ず各メーカーの取扱説明書にて詳細をご確認ください。

副作用や体に悪影響が起きる場合の可能性がある疾患や症状は下記の通りとなります。

参考:サロニア電気ブラシが近視には使えない理由について

【下記の疾患・症状がある方は使用禁止】
・出血性疾患・血友病疾患などの血液異常の方
・心臓疾患のある方または血栓のある方
・高血圧の方
・糖尿病などの知覚障害のある方
・ステロイド系ホルモン剤の長期使用や肝機能障害で毛細血管拡張を起こしている方
・事故などにより頭部または眼科的後遺症がある方
・網膜剝離のある方またはあった方
・目の疾患手術を行った方
・発熱(38℃以上)または体調不良の方
・飲酒の方
・疲労が激しい方
・顔に疾患がある方
・抗凝固剤等、血液が固まりにくくなる成分を含んだ薬を服用中の方
・アレルギー体質の方、金属アレルギーの方
・アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患がある方
・敏感肌の方
・妊娠中、授乳中、生理中の方
・強度近視の方
・顎関節症の方
・神経障害のある方
・骨折や骨粗しょう症など、骨に異常のある方
・悪性腫瘍がある方
・内臓疾患がある方
・結核性疾患のある方

電気べりブラシのメリットとデメリットについて

それでは、次に電気バリブラシ、電気ブラシのメリットとデメリットについてご紹介していきます。

電気ブラシの主なメリット

顔へのリフトアップ効果に医学的根拠がある

電気ブラシの主な効果として挙げられるのが、気になる顔のたるみなどに対してのリフトアップ効果です。

「電気ブラシは効果がない」、「意味がない」とネットの一部では言われていますが、実際に電気ブラシを活用しリフトアップ効果を検証した臨床試験も行われており、リフトアップ効果が認められています。

医学的根拠に関しては、下記の記事で詳しく解説しておりますので是非ご覧ください。

参考:電気バリブラシを使い続けた効果と医学的根拠を解説

美肌効果が期待できる

電気ブラシには、肌の張りや弾力には欠かせない、コラーゲンの生成を促してくれるRF(ラジオ波)を搭載しています。

お肌のアンチエイジングを行いたい方にも電気ブラシはおすすめです。

顔や頭皮にも使える

電気ブラシは、頭皮だけでなく顔にも使用することができるので、表情筋を刺激したり、ほぐしたりすることができます。

頬のたるみやほうれい線にもしっかりとアプローチすることが可能です。

参考:電気バリブラシは白髪と育毛に効果ある?口コミや論文を紹介
参考:電気バリブラシでほうれい線は消える?改善対策を徹底解説

防水タイプであればお風呂場でも使える

ほとんどの電気ブラシには、防水機能が備わっているので、お風呂場でも使用することができます。

防水タイプであれば、多少の水滴などであれば問題なく使用することができ、濡れた手のままでも使用が可能です。

お風呂場で使用したい場合は、必ず防水機能が備わっているか、事前に確認しておきましょう。

芸能人もお墨付き

優れたリフトアップが期待できる電気ブラシは、芸能人やモデルからの支持が高いのが特徴です。

世界的スーパーモデルである冨永愛さんを始め、女優の仲里依紗さん、三代目J SOUL BROTHERS/EXILEのNAOTOさんをはじめ、多くの芸能人が愛用しています。

整形級に顔が変わる美顔器で毎日詐欺ってるよ / 仲里依紗チャンネル

仲里依紗さんが毎日のルーティンで電気バリブラシをご紹介している動画がこちらです。

参考:【効果がわかる】電気バリブラシのビフォーアフター画像まとめ

電気ブラシの主なデメリット

電気ブラシのデメリットについても見ていきましょう。

価格帯が高額

電気ブラシは「高い」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

実際に、冨永愛さん、仲里依紗さんなどが愛用しているエレクトロン(ELECTRON)の電気バリブラシは、価格帯が16万前後と高額になっています。

しかし、最近では同様の効果が得られ、3~6万円前後で購入することができる電気ブラシも多数販売されています。

後半では、手軽に購入することができるコストパフォーマンスに優れた電気ブラシをご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

一部の部位には使用できない

基本的に、顔、頭皮、手足、お腹周りなど全身に使用することができますが、一部の部位には使用できないので注意が必要です。

禁止されている部位に使用すると、ケガや副作用を引き起こす原因となってしまいますので、しっかりと使用ルールを厳守しましょう。

禁止されている部位は下記の通りです。

【使用が禁止されている部位】
・粘膜部分(口内・陰部など)
・金属やシリコン等が入っている部位
・整形手術を行った部位
・鼻、耳、唇、眼球、まぶた、目の周り
・かゆみ、赤み、火照りがある部位
・傷、ニキビなど炎症がある部位
・過度な日焼けのある部位
・皮膚炎のある部位
・心臓の周辺部位
・脱毛処理した部位(当日)

ピリピリとした電気刺激がある

電気ブラシは、ブラシの先端から電気を流し、顔や頭皮の筋肉を刺激する美容機器です。

そのため、使用中はピリピリとした電気刺激があります。

しかし、ほとんどの電気ブラシが、レベル調節が可能なため、一番弱いレベルからスタートすれば、電気刺激が苦手な方でも安心して使用することができます。

患部を濡らさないとマッサージできない場合も

一部の電気ブラシは、使用する患部を濡らさないと電気が通電しないタイプの電気ブラシもあります。

面倒に感じる場合は、防水タイプの電気ブラシを選び、お風呂場で使用することをおすすめします。

継続して使用する必要がある

一回の使用でもリフトアップ効果を感じることができますが、毎日継続的に使用することで、より効果を最大化することができます。

筋力トレーニングと同様に継続して使用することが大切です。

BESTLABO厳選!リフトアップにおすすめの電気ブラシ3選

それでは、最後にBESTLABOが厳選したリフトアップにおすすめの電気ブラシをご紹介いたします。

参考:電気バリブラシの効果・口コミとおすすめ人気ランキング8選!

電気バリブラシ デンキバリブラシ / エレクトロン(ELECTRON)

  • 仲里依紗さん愛用の電気バリブラシ!
    電気バリブラシ デンキバリブラシ / エレクトロン(ELECTRON)

    168,300円(税込)※相場(楽天参考)

    仲里依紗さんがYouTube動画で紹介しているのがこちらの電気ブラシです。

    電気ブラシのパイオニアとして有名なエレクトロンのロングセラー電気バリブラシ。

    総本数32本ものピンヘッドが毎秒1,000回振動し、たるみの原因となる筋肉にしっかりとアプローチしてくれます。

    楽天で詳細を見る

搭載モードスカルプモード、フェイスモード、ボディモードレベル調節4段階
使用可能な部位頭、顔、首、肩、デコルテその他機能EMS、LED(赤・青)
アタッチメント防水機能
サイズ40 × 180 × 55mm重量約155g

電気ブラシ スカルプブラシ Pro / ウェイブウェイブ(WAVEWAVE)

  • コスパ最強!機能全部入り電気ブラシ!
    電気ブラシ スカルプブラシ Pro / ウェイブウェイブ(WAVEWAVE)

    23,100円(税込)※相場(楽天参考)

    EMS、マイクロカレント、RF(ラジオ波)、LED(赤)、バイブレーション、半導体レーザーなど電気ブラシの機能が全部入りの電気ブラシ。

    半導体レーザーは、波長が長くパルス幅が短いという特徴があり、肌のケアには最適です。

    幅広い機能を搭載しながら、2万円台で購入することができるのも人気のポイント。

    機能だけでなくコストパフォーマンスを重視する方におすすめの電気ブラシです。

    楽天で詳細を見る

総合評価4.53 レビュー件数:359件
※2023/8/30時点
頭皮も顔もリフトアップ!

ヘッドスパサロン が急増している中、自宅で頭皮にRFとEMSでアプローチしながら、顔までケア出来てしまうというスグレモノ!!

細かな振動で頭皮や肌をタッピングするバイブレーション機能と、より肌の奥に作用する半導体レーザーで、チカラを込めて頭皮マッサージしたり顔にだって無駄に摩擦を与えずに、自宅で簡単にしっかり頭皮をほぐしながら顔まで潤って引き上がるすんばらしぃアイテムです!

リアルに毎日お風呂の後にコレが習慣になりました。

搭載モードスカルプモード、フェイスモードレベル調節3段階
使用可能な部位頭、顔、首、肩、デコルテその他機能EMS、マイクロカレント、RF(ラジオ波)、LED(赤)、バイブレーション、半導体レーザー
アタッチメントスカルプ用ブラシ、フェイス用ブラシ、ヘアオイル用ブラシ防水機能
サイズ61 × 190 × 63mm重量約111g

電気ブラシ マイトレックス プルーブ 電気針スパブラシ / 株式会社創通メディカル

  • 肩こりやウエスト引き締めにも◎!
    電気ブラシ マイトレックス プルーブ 電気針スパブラシ / 株式会社創通メディカル

    69,960円(税込)※相場(楽天参考)

    筋肉と皮膚の両方に着目し、それぞれ異なる電気刺激を採用することで、両方にアプローチしてくれます。

    顔のたるみだけでなく、お肌のハリや潤いにもアルプローチすることが可能です。

    またボディ用アタッチメントも付属しているので、肩こり、首こりの緩和はもちろん、気になるウエスト周りの引き締めにも効果が期待できます。

    搭載パワーも強く、しっかりと効果を実感できるでしょう。肌弾力は最大で19.9%アップ、毛穴が目立ちにくくなったりと試験テストで実証済み。

    楽天で詳細を見るamazonで詳細を見る

総合評価4.64 レビュー件数:495件
※2023/8/30時点
美容家YouTuberさんの動画を見て思い切って購入しました。乾いた髪での使用が自分のライフスタイルに合っているし、ボタンが少なくわかりやすい!

アタッチメントの取替もチカラ要らずで簡単です。こういった商品は毎日継続的に使ってこそより効果を感じられますので使用方法やお手入れが簡単で面倒でないことが続けられるポイントですがこちらはその点が満点です。これなら毎日続けられます。

購入後じっくり3週間使っていますが、口元のもたつきやほうれい線は当初から即効性を感じましたし、だんだん目元もハッキリしてきたような気がします。

搭載モードスカルプ&フェイスモード、フェイスモード、ボディモードレベル調節5段階
使用可能な部位全身その他機能ハイパワーリフトパルス、EMSパルス
アタッチメントスカルプ&フェイス用ブラシ、フェイス用ブラシ、ボディ用ブラシ防水機能IPX5
サイズ20 × 195 × 40mm重量約128g