トレイルカメラのおすすめ5選!屋外用防犯カメラの工事不要タイプもご紹介!

トレイルカメラのおすすめ5選!屋外用防犯カメラの工事不要タイプもご紹介!

トレイルカメラのおすすめ6選 屋外用防犯カメラの工事不要タイプもご紹介
Source:amazon.co.jp

配線工事などが不要で簡単に誰でも設置ができる電池式防犯カメラとして人気を集めているトレイルカメラ
電池式のため、トレイルカメラ本体に電池を入れて設置したい場所に置くだけで防犯対策を行うことができます

駐車場の監視、ご自宅、畑などの害獣対策、ゴミ集積所などさまざまな場所に設置が可能です。

そこで今回は、トレイルカメラの選び方と厳選したおすすめトレイルカメラをご紹介します。
トレイルカメラ以外にも、配線不要で簡単に設置できる屋外用防犯カメラもご紹介

ご自身に最適なトレイルカメラを見つけてくださいね。

トレイルカメラ(電池式防犯カメラ)とは?

トレイルカメラ 電池式防犯カメラ とは
Source:amazon.co.jp

トレイルカメラ(電池式防犯カメラ)は、元々野生動物などの観察に開発された赤外線センサー(人感センサー)を搭載した自動撮影カメラです。
人や動物の熱や動きを感知して自動で撮影を行ってくれる機能を持ち、最近では野生動物の観察だけではなく防犯用として広く活用されるようになりました。

乾電池のみで動作してくれるので、配線や電力供給が不要でどこでも簡単に設置することができるのが大きな特徴です。
トレイルカメラの種類によっては、乾電池以外にもACアダプターやソーラーパネルを用いて電力供給することも可能です。

また防塵防水機能にも優れ、雨や砂にも強いというメリットもあり防犯にも適したカメラと言えます。

トレイルカメラの選び方

トレイルカメラの正しい選び方とポイントをご紹介します。
機能や予算などに合わせてご自身に合ったトレイルカメラを選びましょう。

待機時間・撮影可能時間で選ぶ

トレイルカメラの稼働時間で選ぶ
Source:amazon.co.jp

トレイルカメラの待機時間の目安は、通常12ヵ月~18ヶ月ほどになります。
トレイルカメラが人や動物の熱や動きに反応して、録画を開始した場合は電池消耗が大きくなります。

そのため、待機時間とは別に撮影可能時間も確認しておきましょう。
撮影可能時間は、およそ10~15時間ほどが主流となっています。

長時間撮影を行いたい場合は、撮影可能時間が15時間以上のトレイルカメラを選びましょう

ソーラーパネル対応であればより長時間録画が可能

ソーラーパネル対応のトレイルカメラだと長時間録画が可能
Source:amazon.co.jp

別途ソーラーパネルを接続できるトレイルカメラであれば、より長時間の録画が可能になります。
電池だけでは稼働時間が心配という方には、オプションなどでソーラーパネルが追加できるタイプがおすすめです。

ソーラーパネルを設置する場合は、日当たりの良い場所に設置して効率よくソーラー充電できるように気を付けましょう。

防塵防水の性能レベルで選ぶ

トレイルカメラの防塵防水レベルで選ぶ
Source:amazon.co.jp

屋外などで雨風に当たる場所に設置する場合は、防塵防水の性能レベルが高いモデルがおすすめです。
防水・防塵の性能レベルは「IP」コードを使って表します。

IPの数値が高ければ高いほど防塵防水の性能レベルは高くなります。
屋外で使用する場合は、IP56以上のトレイルカメラがおすすめです。

例:IP68
上記の場合、防塵6級、防水8級ということになります。
また防塵、防水のどちらかを省略する場合は、「X」を使用します。

例:IPX8
※防塵を省略した場合
防塵等級は0~6級まであり、防水等級は0~8級まで存在し、数字が大きくなるほど性能が高くなります。
「IPX8」の防水機能のあるワイヤレスイヤホンは最高級の防水性能があるといえます。

防水性能
レベル0:特に保護がされていない
レベル1:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
レベル2:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
レベル3:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
レベル4:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
レベル5:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
レベル6:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
レベル7:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
レベル8:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

防塵性能
レベル0:特に保護がされていない
レベル1:直径50mm以上の固形物が中に入らない
レベル2:直径12.5mm以上の固形物が中に入らない
レベル3:直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
レベル4:直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
レベル5:有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)
レベル6:粉塵が中に入らない(耐塵形)

防水性能の指標は”IPX”で表される。本来”IP”の後に続く3文字目で防塵性能の指標を表すが、ここに”X”を入れて防塵性能での指標ではないことを表し、防水性能での指標としている。
水に対する耐性レベルについては、IPX0からIPX8までの9段階が存在し、IPX0は水に対する保護がない状態を表す。0-7まではそれぞれが規格によって試験方法が規定されている。IPX8は「IPX7より厳しい試験条件」という規定があるだけで試験条件は存在しないため、IPX8は実際にはメーカーの独自規格となる。
出典:ウィキペディア

人感センサーの検知範囲・角度で選ぶ

トレイルカメラの人感センサー検知範囲で選ぶ
Source:amazon.co.jp

人感センサーは、人や動物の熱や動きを検知した時だけ、撮影を行い電池の消耗や録画容量を抑えてくれるセンサーです。
搭載している人感センサーの検知できる距離や角度が大きければ、より広範囲にセキュリティを高めることができます

1台で広範囲をカバーすることができるのでとても便利です。

赤外線LEDの種類で選ぶ

トレイルカメラの赤外線LEDの種類で選ぶ
Source:amazon.co.jp

トレイルカメラに搭載されている赤外線LEDは大きく分けて「光可視LED」、「不可視LED」の2種類があります。

光可視LEDは赤く点灯することで、不審者を威嚇することができ抑止効果が期待できます。
不可視LEDの場合は、光可視LEDのように人間の目では見えない光なので、監視していることが目立ちにくく不審者や動物に気づかれにくいというメリットがあります。

レンズの画角で選ぶ

トレイルカメラのレンズ画角で選ぶ
Source:amazon.co.jp

撮影レンズの画角が大きければ、広範囲を撮影することができます
撮影範囲が広いことでより防犯力を高めることができます。

対応できるSDカードの容量で選ぶ

トレイルカメラの対応できるSDカードの容量で選ぶ
Source:amazon.co.jp

トレイルカメラによって対応可能なmicroSDカードの容量は異なります。
人通りが多く人感センサーの反応(動体検知)が多い場所に設置する場合は、大容量にも対応したトレイルカメラがおすすめです。

人通りが多い場所に設置する場合は、128~256GBに対応したモデルを選びましょう。

その他の機能で選ぶ

トレイルカメラのその他の機能で選ぶ
Source:amazon.co.jp

インターバル撮影機能

トレイルカメラ内で設定した間隔で動画や静止画を自動撮影できる機能です。
AVI形式のコマ撮り動画としてファイルが生成される仕組みになっています。

植物の定点観察などにも活用できます。

自動上書き録画機能(ループ撮影)

MircoSDカードのデータ容量がいっぱいになると、自動的に過去の録画映像を削除して新しい録画映像を保存してくれる機能です。
わざわざデータを削除する手間がなく、自動で上書きしてくれる便利な機能です。
データの削除や整理が面倒という方におすすめです。

テレビやパソコンで映像確認が可能

テレビやパソコンにも接続できるモデルでは、撮影した録画映像をテレビやパソコンの大きな画面で確認することができます。
トレイルカメラには液晶画面が付いているのでそのまま映像を確認することができますが、より大きな画面で確認をしたいという方にはおすすめです。

トレイルカメラのおすすめ5選!

  • 低価格で取り入れやすいトレイルカメラ!
    トレイルカメラ H55 / エイプマン(apeman)

    7,980円(税込)※相場(楽天参考)

    1万円以下のお手軽価格ではじめての方にも導入しやすいトレイルカメラです。フルHD対応で静止画の画素数は2,000万画素と高い画素数もポイント。待機時間は最大8ヶ月と少し短いですが、コストを抑えたい方におすすめです。

    amazonで詳細を見る

総合評価3.90 レビュー件数:109件
※2020/9/4時点
防犯対策に使えます!自宅周辺の防犯対策として、こちらの商品を購入。自宅のエントランスに壁掛けしましたが、固定金具で取り付けるだけなので、簡単に設置できました。防水対策もしっかりされているようで、急な夕立やゲリラ豪雨などでも問題なく使えました。SDカードが付属しているため、SDを挿しておけば記録され、パソコンで簡単に記録を確認することが可能です。赤外線LEDも搭載されているので、夜間の画質も暗闇なのにハッキリと記録されており、性能が良いと感じました。これで、不審者や訪問者、周辺の様子はこれ1台で任せておけるので、安心です。

出典:amazonレビュー・口コミ
動画解像度フルHD静止画解像度2,000万画素
赤外線センサー検知範囲検知角度:60度、検知距離:最大約20mmicroSDカード対応容量32GB
待機時間最大約8ヶ月防塵防水レベルIP66
赤外線LEDの種類不可視LED(32灯)パソコン接続
ソーラーパネル対応付属品カメラ本体、mini USBケーブル、固定用ベルト、固定用金具、固定用ネジ、取扱説明書
サイズ重量

  • 画角108°のワイド撮影が可能!
    トレイルカメラ 400-CAM061 / サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

    14,980円(税込)※相場(楽天参考)

    画角108°で広範囲の撮影が可能、待機時間も最大約12ヶ月と長時間の待機が可能に。撮影可能時間も昼間は最大約17時間と長く、省エネ仕様が人気のポイント。また人感センサーの検知範囲も120°と広範囲を検知してくれます。インターバル撮影にも対応しています。

    楽天で詳細を見るamazonで詳細を見る

総合評価4.09 レビュー件数:32件
※2020/9/4時点
防犯カメラ 400-CAM061大満足防犯と猫侵入の証拠にと防犯カメラ400-CAM061を購入しました。結果から言うと大満足です。本来は、野生動物観察用に開発されたものではないでしょうか。とにかく頑丈に作られています。防犯カメラというと不鮮明な映像を想像しますが静止画、動画ともにとても鮮明で驚きです。撮影時間や撮影間隔などの設定もできて使い道を考えるとわくわくです。今度は、ネズミの出没経路を見つけて確保だ!

出典:楽天レビュー・口コミ
動画解像度フルHD静止画解像度4,000 × 3,000(12MP)
赤外線センサー検知範囲検知角度:120度、検知距離:最大約20mmicroSDカード対応容量32GB(SDXC非対応)
待機時間最大約12ヶ月防塵防水レベルIP54
赤外線LEDの種類光可視LED(46灯)パソコン接続
ソーラーパネル対応付属品カメラ本体、mini USBケーブル、専用ビデオケーブル、固定用ベルト、固定ブラケット、タッピングネジ×3、コンクリートアンカー×3、六角レンチ
サイズ136 × 90 × 76mm重量350g

  • microSDカード32GB付属で高機能モデル!
    トレイルカメラ SC-MB68 / セキュステーション(SecuSTATION)

    20,130円(税込)※相場(楽天参考)

    microSDカード32GBが標準装備で付属しているので、届いてすぐに撮影が可能です。動画解像度も最大4Kに対応し、静止画解像度も2,000万画素と高機能モデル。撮影可能時間も昼間約17時間と長時間の撮影が可能、待機時間は最大約12ヶ月。録画映像に日時や温度も記録してくれるタイムスタンプ機能付き。

    楽天で詳細を見る

総合評価4.20 レビュー件数:713件
※2020/9/4時点
実に素晴らしい。色々悩みましたが、こちらの商品にしました。害獣の撮影用に買いました。撮影時間1分で22時から、朝5時までかわるがわる43回も撮影出来ました。虫の音、日時だけでなく気温も記録されます。電池の消費も目盛りが減ってなく、まだまだ撮影出来そうです。細い棒などに固定する人は、機械の背面に液晶画面が付いているモデルの方が狙いやすいと思います。良い買い物が出来ました、有難うございました。

出典:楽天レビュー・口コミ
動画解像度4K(10fpsの場合)静止画解像度5,200 × 3,900(12MP)
赤外線センサー検知範囲検知角度:110度、検知距離:最大約20mmicroSDカード対応容量128GB
待機時間最大約12ヶ月防塵防水レベルIP56
赤外線LEDの種類光可視LED(2灯)パソコン接続
ソーラーパネル対応付属品カメラ本体、microSDカード32GB、USBケーブル、ビデオケーブル、固定用ベルト、固定ブラケット、ダイヤル式南京錠、タッピングネジ×3、コンクリートアンカー×3、ACアダプター、絶縁テープ、マニュアル
サイズ136 × 90 × 76mm重量270g

  • 4K・3,200万画素・512GB対応のハイエンドモデル!
    トレイルカメラ / ホビナビ(Hobinavi)

    22,600円(税込)※相場(楽天参考)

    ショップオブザイヤー受賞したホビナビの最新トレイルカメラは、4K対応・静止画3,200万画素・microSDカード512GB対応とトレイルカメラの中でも群を抜いて性能が高く、ランキングでも上位にランクインしています。赤外線センサーの検知距離も最大25mも距離も長く、広範囲での監視が可能。最新モデルではソーラーパネルも標準で付属しているので、太陽光充電が可能な場所であれば長時間の録画もすることができます。

    楽天で詳細を見るamazonで詳細を見る

総合評価4.04 レビュー件数:389件
※2020/9/4時点
人通りの多い道路に面しており、敷地に侵入する人やポイ捨てが多く、防犯カメラの代わりに購入しました。SDカードも入っていて、電源アダプターもついているので、すぐに試す事が出来ました。電池は8本入りますが、4本でも動きました。南京錠を買い、SDカード等の中身を抜き去られないように閉じました。説明書も付いてますが、読まなくても本体の設定は分かりやすいです。別の場所にも設置を検討中です。

出典:楽天レビュー・口コミ
動画解像度4K静止画解像度3,200万画素
赤外線センサー検知範囲検知角度:120度、検知距離:最大約25mmicroSDカード対応容量512GB
待機時間最大約18ヶ月防塵防水レベルIP66
赤外線LEDの種類不可視LEDパソコン接続
ソーラーパネル対応付属品カメラ本体、ソーラーパネル、microSDカード32GB、USBケーブル、ビデオケーブル、固定用ベルト、固定ブラケット・支柱、ロック、タッピングネジ×3、コンクリートアンカー×3、ACアダプター、マニュアル
サイズ136 × 90 × 76mm重量

  • コストパフォーマンスに優れた1台!
    トレイルカメラ 4Kフルセットモデル DVR-Z1 / ハンファQセルズジャパン(Hanwha Q CELLS Japan)

    12,800円(税込)※相場(楽天参考)

    4Kに対応し、microSDカード32GB付属、防塵防水IP66レベルでありながら、1万円で購入できる優れたコストパフォーマンスが人気待機時間は最大約18ヶ月、撮影可能時間は昼間であれば約17時間と長時間撮影にも対応しています。また電池ではなくコンセントに接続しながら監視を行いたい方には嬉しい5mのACアダプターが付属しているのでコンセントから離れた場所からでも監視も可能です。

    楽天で詳細を見る

総合評価3.98 レビュー件数:799件
※2020/9/4時点
犬の飼い主のマナーが悪く、以前から車庫前・家の周りにフンをされており、フンの処理をせざるを得ない状況に、我慢できずにいます。そこで、監視カメラで証拠写真を撮影し、犯人を特定しようと思い、このカメラを購入しました。色々なタイプのカメラを比較して、このカメラに決めました。購入の決めては、簡単に取付できる事。屋外に取り付けるので、防塵、防水にタフな事。(IP66等級)まずは、電池で使用するので、電池の寿命が長い事。撮影している事が察知されない様に、赤外線LEDが一切光らない事。信頼のおけるサンディスクのmicroSDカードである事。盗難防止の為、金属ワイヤーとダイヤルロックが付属している事。検知センサー角度が120度、撮影範囲が98度と広い事。そのうち、ACアダプターを使用する予定なので、コードが5Mと長い事。価格的に、割安感がある事でした。設置する前に、試験的に撮影してみましたが、良好な映像が撮影できました。これで、悩みが解消できる事を望みます。

出典:楽天レビュー・口コミ
動画解像度4K静止画解像度5,984 × 3,366(20MP)
赤外線センサー検知範囲検知角度:120度、検知距離:最大約20mmicroSDカード対応容量256GB
待機時間最大約18ヶ月防塵防水レベルIP66
赤外線LEDの種類不可視LED(40灯)パソコン接続
ソーラーパネル対応付属品カメラ本体、microSDカード32GB、USBケーブル、ビデオケーブル、固定用ベルト、固定ブラケット、壁掛け固定金具、盗難防止ロック・ワイヤー、タッピングネジ×3、コンクリートアンカー×3、ACアダプター、マニュアル
サイズ136 × 97 × 81mm重量332.5g

配線工事不要な屋外用防犯カメラのおすすめ3選!

トレイルカメラの他にも、電池式ではなくバッテリーを搭載し、配線工事不要で簡単に設置できる防犯カメラもあります。
バッテリーを搭載した屋外用防犯カメラを厳選してご紹介します。

  • ワイヤレス対応でソーラー充電できる屋外用防犯カメラ!
    ワイヤレス防犯カメラ 屋外用 ソーラー充電式 SC-TR82 / セキュステーション(SecuSTATION)

    12,760円(税込)※相場(楽天参考)

    防犯カメラ本体に大容量6,800mAhのバッテリーを搭載し、ソーラー充電しながら監視が可能。配線工事なども不要で誰でも簡単に設置がすることができるので初心者の方にもおすすめです。またソーラーパネルの角度は自由に調節が可能。視野角110°のワイドレンズを採用し、広範囲を撮影することができます。防塵防止レベルは安心のIP66。

    楽天で詳細を見る

総合評価4.01 レビュー件数:528件
※2020/9/4時点
良い買い物でした!玄関周りの防犯対策を目的に購入しました。機種選定に大変迷いましたが、ソーラー充電可能で、設置場所を選ばないという事と、レビューの評価が高かったので、この商品に決めました。また、事前にサポートセンターに問い合わせた際、丁寧に回答して頂いたのも選定理由の一つです。Wi-fi接続も出来、スマートフォンから映像を確認する事が出来ます。画像もとても綺麗です。全体的に、コストパフォーマンスも高く、良い買い物が出来たと思います。

出典:楽天レビュー・口コミ
画素数265万画素解像度1,920 × 1,080(フルHD)
バッテリー容量6,800mAh稼働時間約3ヶ月 ※1日30回動体検知を行った場合
スマホ対応暗視機能
WiFi対応双方向会話
防塵防水レベルIP66録画モード人感検知録画、連続録画
視野角110°microSDカード対応容量128GB
サイズ210 × 135 × 67mm ※アンテナ含まず重量800g

  • 手のひらサイズのバッテリー搭載コンパクト防犯カメラ!
    ワイヤレス防犯カメラ 屋外用 バッテリー充電式 SC-MU72 / セキュステーション(SecuSTATION)

    12,760円(税込)※相場(楽天参考)

    手のひらサイズのコンパクト設計でバッテリーを搭載し、置くだけで簡単に防犯対策できる次世代型防犯カメラ。屋外への設置も強力マグネットスタンドを壁に取り付けて、あとはマグネットにカメラをくっつけるだけなので女性でも簡単に設置が可能です。防犯カメラの設置作業が苦手な方にもおすすめです。撮影した映像をスマホから簡単に拡大・縮小もできるので外出先からでも安心して監視することができます。

    楽天で詳細を見る

総合評価4.25 レビュー件数:218件
※2020/9/4時点
防犯カメラの更改用としてSecuSTATIONの「SC-MU72」を選びました。
小型で高性能カメラを搭載していること、バッテリーで動作し電源を気にしないで良い為、設置場所の自由度が増すこと、低価格であることも選定理由になりました。セットアップはとても簡単。操作するスマホ側のアプリが至れり尽くせりのガイダンス機能で楽々セットアップでした。

出典:楽天レビュー・口コミ
画素数265万画素解像度1,920 × 1,080(フルHD)
バッテリー容量6,400mAh稼働時間約3ヶ月 ※1日30回動体検知を行った場合
スマホ対応暗視機能
WiFi対応双方向会話
防塵防水レベルIP65録画モード
視野角130°microSDカード対応容量128GB
サイズ62 × 54 × 100mm重量261g

  • デジタルズーム機能で8倍まで拡大可能な高性能防犯カメラ!
    ワイヤレス防犯カメラ 屋外用 バッテリー充電式 C3A / イージービズ(EZVIZ)

    20,900円(税込)※相場(楽天参考)

    デジタルズームに対応し最大8倍までズームが可能、パソコンやスマートフォンから録画映像の手軽に拡大確認できます。丸みを帯びたスッキリしたデザインも人気です。カメラの視野角も130°と広範囲撮影が可能、人感検知距離もご自身の希望にあわせて距離を変更することができます。防犯カメラから至近距離のみを監視したい場合になどに便利です。WiFiにも対応。

    楽天で詳細を見る

画素数265万画素解像度1,920 × 1,080(フルHD)
バッテリー容量5,500mAh稼働時間約3ヶ月 ※待機時
スマホ対応暗視機能
WiFi対応双方向会話
防塵防水レベルIP65録画モード
視野角130°microSDカード対応容量128GB
サイズ56 × 70 × 92mm重量215g

まとめ

工事不要で置くだけですぐに使えて防犯対策に便利なトレイルカメラ。
電池式で初心者の方にも使いやすく、はじめて防犯カメラを設置する方にはおすすめです。

今回は、トレイルカメラのおすすめ5選と選び方をご紹介しました。
今回ご紹介したおすすめ5選や選び方を参考に、ご自身に最適なトレイルカメラを見つけてくださいね。

防犯カメラカテゴリの最新記事