CBDグミの違法性と副作用を解説!本当に危ない・やばい?

CBDグミの違法性と副作用を解説!本当に危ない・やばい?
CBDグミの副作用と食べ過ぎた場合の影響について
Source:rakuten.co.jp

リラックス効果をはじめ、ストレス緩和、抗うつ効果、安眠効果などが期待できるCBDグミ。大麻草と聞いて、「違法じゃないの?」、「危ない?やばい?」など疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は厚生労働省が発表している大麻取締法などをもとにCBDグミの違法性や危険性、副作用、食べ過ぎた場合の影響についてご紹介します。

後半では、副作用が気になる方にも購入しやすい日本製CBDグミもご紹介します。

おすすめ関連記事
キマる最強CBDグミのおすすめ人気ランキング5選!高濃度配合!

実は全然やばくない?CBDグミの違法性や危険性は全くない

厚生労働省が発表している大麻取締法では、THC成分が含まれていないCBD(カンナビジオール)製品に関しては、大麻非該当となり輸入が認められています。

そのためCBDグミは、大麻取締法に違反することはなく、違法性・危険性は全くないCBD(カンナビジオール)製品となります。またCBDグミを輸入する際にも、麻薬取締部からの厳しい検査・該否が行われますので安全性も非常に高いといえるでしょう。

大麻草の成熟した茎や種子のみから抽出・製造されたCBD(カンナビジオール)を含有する製品については、大麻取締法上の「大麻」に該当しませんが、当該製品を輸入する前に、麻薬取締部においてその該否を確認しております。
出典:厚生労働省地方厚生局麻薬取締部

CBDグミについて

CBDグミは違法?危ないやばい?CBDグミ取締法を解説
Source:rakuten.co.jp

CBDグミは、大麻草から抽出されるCBD(カンナビジオール)を配合した食用グミです。

CBD(カンナビジオール)は、リラックス効果が高くストレスを軽減させてくれたり、睡眠の質を高めてくれる効果があります。

日本の大麻取締法では、CBD(カンナビジオール)は規制されていませんが、THCが含まれているCBD(カンナビジオール)製品をはじめ、大麻草は規制されているため日本では違法となってしまいます。この点もCBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)の大きな違いといえるでしょう。

しかし最近の研究では、大麻の安全性や難治性てんかんへの効果が認められ、医療大麻の効果が注目を集めています。アメリカの一部地域では、実際に医療大麻の使用が認められており、難治性てんかんやガンの治療などに使用されています。

日本でも2021年5月に、厚生労働省が大麻草を原料とした医薬品について、国内での使用を解禁する方針を固めたことを発表しています。

これまでは、大麻は違法ドラッグとして位置づけられていましたが、最新の研究により安全性と様々な病気への効果が認められ、幅広い医療現場で使用されています。アジア圏では、タイや韓国が医療大麻に関して合法化を行っています。

医療大麻への日本の見解

日本国内では、アメリカなどの主要国をはじめとする世界の複数の国で、医療大麻が承認され、難治性てんかんなどの治療として使用されています。

このことから、日本国内の医療現場や医師などから、医療大麻に関して解禁を求めることが多数寄せられてきました。

そのうえで、厚生労働省は2021年1月に「大麻等の薬物対策のあり方検討会」を実施、法律の改定などを視野に検討の結果、国内の使用を認める方針を固めていることがわかっています。

厚生労働省が発表している報告書によると、「大麻から製造された医薬品は、アメリカをはじめとしたG7諸国において難治性てんかんの治療薬として承認され、WHOからも医療上の有用性が認められていることから、医療上の有用性も考慮して、日本国内でも製造や施用を可能とすべき」という方針を示しています。

CBDグミの副作用はほとんどない

CBDグミはに含まれる主成分であるCBD(カンナビジオール)は、CBDグミだけでなくCBDオイルとして料理にも活用されたりと非常に安全性の高い成分です。

また重篤な副作用は報告されておらず、世界保健機関(WHO)と薬物依存に関する専門委員会(ECDD)によるCBD(カンナビジオール)事前審査報告書では、下記のように報告されています。

CBD は一般に忍容性が良好であり、安全性プロファイルも良好である。CBDが、毒性あるいは重篤な副作用の兆候なく、すべての患者に忍容性があった。
出典:カンナビジオール(CBD)批判的審査報告書 | 世界保健機関(WHO)

忍容性(認容性)とは、副作用の程度を示す用語で、薬の副作用が強い場合は「忍容性(認容性)が悪い」と表現され、副作用が軽い場合は「忍容性(認容性)が良い」と表現されます。

つまり、CBD(カンナビジオール)の副作用は非常に軽く安全性が高いことが世界保健機関(WHO)の審査報告でも明らかになっています。

大麻草から抽出される成分なので、副作用が気になるという方も多いかと思いますが、世界的にも安全性が高いことが証明されていますのでご安心ください。

薬との相互作用による副作用の可能性も

世界保健機関(WHO)と薬物依存に関する専門委員会(ECDD)によるCBD(カンナビジオール)事前審査報告書にも、抗てんかん薬との相互作用による副作用の可能性が示唆されていました。

薬物相互作用とは、複数の薬を服用した際に起きる相互作用のことをいいます。一般的には副作用が生じたり、薬の効果が薄れたりするという作用が起きます。

抗てんかん薬を服用している場合は、事前にかかりつけ医に相談しましょう。

参考文献:カンナビジオール(CBD)批判的審査報告書 | 世界保健機関(WHO)

薬物相互作用のある薬について

現時点で、CBD(カンナビジオール)成分との相互作用が引き起こす可能性がある医薬品は次の通りです。その他、薬を服用している場合は事前にかかりつけ医に相談を行い、薬物相互作用の可能性がないか確認しておきましょう。

・抗生物質
・抗てんかん剤
・抗うつ剤
・ステロイド
・抗ヒスタミン薬
・免疫抑制剤
・抗不整脈薬

CBDグミの食べ過ぎ・過剰摂取による身体への影響について

CBDグミの食べ過ぎ、過剰摂取による死亡など身体への大きな悪影響に関しては報告されていません。

しかし食べ過ぎ、過剰摂取によりCBD(カンナビジオール)の効果であるリラックス効果が強く作用し、強い眠気が出てしまう場合があります。

特に車の運転前などの食べ過ぎ、過剰摂取は必ず控えるように心がけましょう。

CBDグミを購入する際の注意点

楽天やアマゾンなどのインターネットショッピングや店舗で購入する際は、購入を検討しているCBDグミに違法性や危険性がないかしっかりと事前に確認しておくことが大切です。

厚生労働省からの許可が下りているか確認する

CBD(カンナビジオール)製品を輸入する際には、厚生労働省からの厳しい検査と許可が必要となります。成分分析証明書、生産工程表、安全データシートなど様々な書類の提出が必要となり、オイルなどの食品に関しては、別途食品等輸入届出書の提出も必要となっています。

厚生労働省から許可を受けているCBD(カンナビジオール)製品であれば、違法性や危険性はなく安心して使用することができるでしょう。また提出書類に関しても、実際に公表している店舗であればより安心です。

厚生労働省が発表しているTHC含有製品でないか確認する

CBD(カンナビジオール)は、上記でも記載した通り、厚生労働省からも認可されている成分となっています。しかし大麻草から抽出されるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は認可されていない成分となるので注意が必要です。

CBDグミに、THC(テトラヒドロカンナビノール)が配合されていないかどうかも確認しておきましょう。

厚生労働省では、THC(テトラヒドロカンナビノール)が含有されている製品を公式ホームページにて公開しています。検討中のCBD(カンナビジオール)製品が違法性・危険性がないか、事前に確認しておきましょう。

大麻成分THCを含有する製品について(厚生労働省)

CBDグミの副作用が気になる方におすすめの日本製(国産)CBDグミ

CBDグミ 1粒25mg 60粒入り / CANNACREATE

  • はじめての方に嬉しいコスパに優れた国内製造の大容量タイプ
    CBDグミ 1粒25mg 60粒入り / CANNACREATE

    3,980円(税込)※相場(楽天参考)

    副作用が気になる初めての方にも試しやすい低価格を実現した安心の日本製CBDグミです。

    国内工場で厳しい品質管理を行い、厳選した原料のみを使用。1粒あたりには、25mgものCBD(カンナビジオール)が含有されている高濃度タイプ。

    青りんご、オレンジ、グレープの3種類のフレーバー入りで、食べやすく手軽にCBD(カンナビジオール)を摂取することができます。

    楽天で詳細を見る

総合評価4.97
レビュー件数:119件
※2021/11/26時点
質の良い睡眠確保!「CBDには不安を鎮める効果もある」そうなので、就寝前にCBDグミを食べるようにしました。するとしっかり睡眠を取ることができ、翌朝の目覚めが違います!短時間でも睡眠の質があがったようで、とても助かります!

1粒あたりの含有量25mg容量60粒
1粒あたりの単価約66.3円抽出方法ブロードスペクトラム
その他の成分フレーバー青りんご、オレンジ、グレープ

CBDグミ 1粒30mg 120粒入り / CannaTech

  • 1粒30mg配合の高濃度タイプ
    CBDグミ 1粒30mg 120粒入り / CannaTech

    15,840円(税込)※相場(楽天参考)

    CBDブランド部門で3冠を達成した日本製ブランド。CBD(カンナビジオール)以外にも豊富なテルペン(THC除く)も一緒に抽出することで、通常よりも高い相乗効果が得られるCBDグミです。

    またCBD(カンナビジオール)の含有量は1粒30mgと業界最高クラスの高濃度タイプです。国内の自社工場で徹底した品質管理のもと、残留農薬テスト、重金属テスト、THC分析などを行い、安全性・品質にも優れているのも人気のポイント。

    楽天で詳細を見る

1粒あたりの含有量30mg容量120粒
1粒あたりの単価約132円抽出方法ブロードスペクトラム
その他の成分フレーバー青りんご、パイナップル、グレープ

CBDの効果が出やすいおすすめのCBDキャンディー「番外編」

CBDキャンディー 1粒25mg 12個入り / CBD LIVING

  • グミよりも効果が出やすいと人気のCBDキャンディー
    CBDキャンディー 1粒25mg 12個入り / CBD LIVING

    6,980円(税込)※相場(楽天参考)

    高品質のCBD(カンナビジオール)をナノテクノロジーで、赤血球の1,000/1までのナノレベルまで小さくすることで、体内への吸収率を90%まで高めた新世代CBDキャンディーです。

    個包装タイプなので衛生面にも優れ、持ち運びにも便利で外出先でも手軽に摂取することが可能です。フレーバーは、グリーンアップルとチェリーの全2種類からお好みのフレーバーを選ぶことができます。

    楽天で詳細を見る

1粒あたりの含有量25mg容量12個
1粒あたりの単価約581円抽出方法ブロードスペクトラム
その他の成分フレーバーグリーンアップル、チェリー

CBD関連(グミ・ワックス・リキッド)カテゴリの最新記事