ポータブル電源でホットプレートが使用可能か調べる方法

ポータブル電源でホットプレートが使用可能か調べる方法
ポータブル電源でホットプレートが使用可能か調べる方法
Source:amazon.co.jp

キャンプなどのアウトドアシーンで大活躍してくれるポータブル電源。キャンプではホットプレートを使って簡単で美味しい料理を作りたいという方も多いと思います。

今回は、検討中または使用中のポータブル電源でホットプレートが使用できるかを確認する超簡単な方法をご紹介します。後半ではホットプレートも使用可能なコスパ最強のポータブル電源もご紹介します。

おすすめ関連記事
コスパ最強ポータブル電源のおすすめランキング9選!2021年最新版
最強クラス厳選!大容量ポータブル電源のおすすめランキング5選!2021年最新版

ポータブル電源でホットプレートを使用したい場合は消費電力を確認するだけ

ポータブル電源でホットプレートを使用できるか確認する場合、各消費電力を見るだけで使用可能か確認することができます。

大きさやモードによっても大きく異なりますが、一般的にホットプレートの消費電力は、700~1,400W前後のものが主流となります。例えばホットプレートの消費電力が1,400Wであれば、ポータブル電源の消費電力は1,400W以上が必要となります。

使用したいホットプレートの消費電力とポータブル電源の消費電力を比較することで使用可能かどうか簡単に調べることができます。

通常サイズのポータブル電源の消費電力は、300~500W前後となるのでホットプレートを使用したい場合は、大容量タイプのポータブル電源が必要ということになります。

BESTLABO厳選!ホットプレートも使用できるポータブル電源!

ポータブル電源 1,534Wh PTB152 / ジャクリ(Jackery)

ポータブル電源でホットプレートを使用する場合は、大容量バッテリーを搭載したポータブル電源が必要となります。通常サイズよりも価格が高くなる傾向がありますが、使用できる電化製品の幅がグッと広がりますので、アウトドアシーンだけでなく災害時の防災用としても活用することができます。

今回は、BESTLABOが厳選した1,500W以上のおすすめ大容量ポータブル電源をご紹介します。

  • ホットプレートを使えるコスパ最強ポータブル電源
    ポータブル電源 1,534Wh PTB152 / ジャクリ(Jackery)

    179,800円(税込)※相場(楽天参考)

    Jackeryシリーズで最強スペックの高出力・大容量ポータブル電源。定格出力1,800Wの高出力で、ホットプレート、グリルなどの家電調理器具も使用することが可能です。

    ファンヒーター、ポータブルクーラー、ドライヤー、電子レンジ、扇風機など、ほとんどの電化製品を使用することができる最強モデル、アウトドアだけでなく防災・災害用としてもおすすめです。

    またツインターボシステムを搭載することで、充電時間を大幅に短縮。ACアダプター(×2)を使用すれば、フル充電は最短4時間で充電することができます。

    耐久性のにも優れ、最大で800回以上の充放電に耐えられる高耐久、1台あれば幅広いシーンで活躍してくれます。

    楽天で詳細を見るamazonで詳細を見る

総合評価4.73
レビュー件数:128件
※2021/10/29時点
素晴らしい商品です!トラック運転手ですが、例えば待機中のエアコンや扇風機も余裕に動かせますし(瞬間3000w)は定格1800Wと相乗効果で今までECOFLOWの1600Wでも苦戦してたのにアッサリ動かせました!トラック運転手こそ電子レンジ、ポット、エアコンは必需品でしょ!買って損は無いです!!因みに500wで一分、弁当温めなら一度で1%から2%しか減りませんから(電子レンジによる消費電力は)80回以上は使えます(笑)因みに地震災害を想定した家電をこのポータブル電源で使うと1日半は持ちこたえました、勿論、冷蔵庫やテレビ、エアコン、洗濯機等、普通の家庭の普通の生活頻度での家電でですよ!

容量1,534Wh重量16kg
出力ポートACコンセント(3口)、DCポート(2口)、USB-A(1口)、USB-C(1口)、QC3.0(1口)、シガーソケット(1口)定格出力1,800W
充電方法ソーラー・シガーソケット・コンセント・発電機サイズ35.5 x 26.5 x 25.3cm

その他機能:PSE認証、ツインターボシステム、バッテリーマネジメントシステム(BMS)

ポータブル電源・発電機カテゴリの最新記事